商品管理項目

開始者 Community Manager ‎10-04-2017 07:53 AM

Steelbrick CPQ では、商品でさまざまなカスタム管理項目を利用できます。

 

カスタム項目

項目の表示ラベル API 参照名 データ型 説明 同等の見積品目
納入商品への変換 SBQQ__AssetConversion__c 選択リスト この商品を納入商品に変換する方法を決定します。[品目ごとに 1 見積] または [単位ごとに 1 見積] のいずれか選択します。  
バッチ数量 SBQQ__BatchQuantity__c 数値 (10,2) バッチ単位で販売される商品の 1 バッチの数量。見積品目に入力された数量がこの値で除算され、最も近い整数に切り上げられます。  
ブロック価格設定項目 SBQQ__BlockPricingField__c 選択リスト ブロック価格設定の計算に使用する項目。   
コンポーネント SBQQ__Component__c チェックボックス この商品をコンポーネントとしてマークし、商品ルックアップの選択から除外します。   
複利割引 (%) SBQQ__CompoundDiscountRate__c パーセント (5, 3) 数量に従って大きくなる割引率。   
設定イベント SBQQ__ConfigurationEvent__C 選択リスト

この商品の [商品の設定] 画面がいつ表示されるかを制御するオプションを選択します。

  • 初期設定に限定する場合は [追加] を選択します。 
  • 作成後の設定に限定する場合は [編集] を選択します。 
 
設定項目 SBQQ__ConfigurationFields__c ロングテキストエリア この商品の設定中に収集された追加の項目。これらの項目はすべて、商品オプションおよび見積品目オブジェクトに存在する必要があります。   
設定項目セット SBQQ__ConfigurationFieldSet__c 選択リスト 設定時にこの商品に使用される項目セットを選択します。 詳細は、「バンドルおよび機能レベルの項目セット」を参照してください。  
設定フォームのタイトル SBQQ__ConfigurationFormTitle__c テキスト (100) 指定された設定項目を基に表示される設定フォームのタイトル。   
設定種別 SBQQ__ConfigurationType__c 選択リスト

この商品の設定種別を次の中から選択します。

  • 許可: ユーザに商品/バンドルを設定することが許可されているが、必須ではない場合。
  • 無効: バンドルが自動的にオプションを選択する場合。
  • 必須: 商品/バンドルを設定する必要がある場合。 
 
設定検証 SBQQ__ConfigurationValidator__c ロングテキストエリア この商品の設定の検証に使用される JavaScript 関数。   
設定対象のコードパターン SBQQ__ConfiguredCodePattern__c テキスト (255) 設定対象の商品の商品コード (SKU) を生成するために使用されるパターン。動的 SKU の作成で使用されます。  
設定対象の説明パターン SBQQ__ConfiguredDescriptionPattern__c リッチテキストエリア 設定対象の商品の動的な商品説明を生成するために使用されるパターン。   
コストを編集可能 SBQQ__CostEditable__c チェックボックス この商品のコストを個々の見積で変更可能かどうかを制御します。   
コスト表 SBQQ__CostSchedule__c ルックアップ (割引率表) この商品のコスト表として使用される割引率表。   
カスタム設定ページ SBQQ__CustomConfigurationPage__c テキスト (40)    
カスタム設定が必要 SBQQ__CustomConfigurationRequired__c チェックボックス    
カスタマーコミュニティの可用性 SBQQ__CustomerCommunityAvailability__c 選択リスト

カスタマーコミュニティでこの商品を使用可能にする方法を選択します。 

  • すでに所有されている場合のみ: カスタマーセルフサービスで選択された場合、商品はカスタマーコミュニティ内でのみ使用できます。
  • 常に: 商品は、常にカスタマーコミュニティのすべてのメンバーが使用できます。
  • なし: 商品はカスタマーコミュニティ内で使用できません。
 
デフォルト数量 SBQQ__DefaultQuantity__c 数値 (13, 5) 追加時の商品の開始数量を指定します。   
デフォルト価格設定表 (v24.2)  SBQQ__DefaultPricingTable__c 選択リスト

価格ディメンションが定義されている場合に、この商品がデフォルトで表示される価格設定表を選択します。  

  • 分割: MDQ 商品は、時間の各区分を編集可能な分割表に表示されます。  
  • 標準: MDQ 商品は、標準表に表示され、単一品目として動作します。 ユーザは、必要に応じて品目を再分割できます。 
 
再設定を無効化 SBQQ__ReconfigurationDisabled__c チェックボックス この商品の再設定を無効にするフラグ。 選択した場合、商品が追加された後、ユーザは [品目の編集] ページの [設定] リンクにアクセスできなくなります。   
割引率表 SBQQ__DiscountSchedule__c ルックアップ (割引率表) この商品に使用する割引率表。   
動的価格設定の制約 SBQQ__DynamicPricingConstraint__c 選択リスト

動的に計算される価格設定の制約を指定します。 

  • リスト価格が最低: 計算された全体に対する割合がリスト価格を下回った場合にリスト価格を適用します。
  • リスト価格が最高: 計算された全体に対する割合がリスト価格を上回った場合にリスト価格を適用します。
 
メンテナンスから除外する SBQQ__ExcludeFromMaintenance__c  チェックボックス この商品を全体に対する割合のメンテナンス計算から除外します。   
商談から除外 SBQQ__ExcludeFromOpportunity__c チェックボックス この商品を商談への移行から除外する必要があることを示します。   
契約価格を生成 (v24.2) SBQQ__GenerateContractedPrice__c 選択リスト

商談の契約時に取引先の契約価格を自動生成する場合は [はい] を選択します。  

 

メモ: 顧客価格が保存されます。  

 
設定属性あり SBQQ__HasConfigurationAttributes__c チェックボックス 商品に設定属性があるかどうかを確認する場合はオンにします。   
非表示 SBQQ__Hidden__c チェックボックス この商品を見積 PDF への表示から除外します。   
検索結果で価格を非表示 SBQQ__HidePriceInSearchResults__c チェックボックス 商品価格を商品検索結果に表示する必要があるかどうかを示します。   
メンテナンスに含める SBQQ__IncludeInMaintenance__c チェックボックス 通常は除外される (サブスクリプション商品など) 商品を全体に対する割合の計算に含める場合は、オンにします。  
説明をロック SBQQ__DescriptionLocked__c チェックボックス この商品の説明がロックされている (見積上で編集できない) ことを示すフラグ。   
新規見積グループ SBQQ_NewQuoteGroup__c チェックボックス  この商品が追加されたときに新しい見積グループを作成する (現在のグループが空の場合を除く) 場合は、オンにします。   
割引不可 SBQQ__NonDiscountable__c チェックボックス この商品を割引不可能とマークします。   
パートナー割引不可 SBQQ__NonPartnerDiscountable__c チェックボックス この商品をパートナーが割引できないようにする場合は、オンにします。   
省略可能 SBQQ__Optional__c チェックボックス この商品がデフォルトでオプションの場合は選択します。オプション商品は、見積合計に加算されず、商談にも移行されません。   
オプションレイアウト SBQQ__OptionLayout__c 選択リスト

ユーザにオプションを表示する方法を選択します。 詳細は、「Setting a Bundle Display Format」(バンドル表示形式の設定) を参照してください。

 
オプション選択方法 SBQQ__OptionSelectionMethod__c 選択リスト

オプションをユーザに表示する方法を決定します。 

  • クリック: ユーザは、オプションの横にあるチェックボックスをクリックしてオプションを選択します。
  • 追加: ユーザは、[追加] ボタンをクリックします。オプション選択ページが開き、選択可能なオプションがすべて表示されます。
 
価格を編集可能 SBQQ__PriceEditable__c チェックボックス 見積を作成するときに、この商品の価格を自由に編集できることを示します。   
価格方式 SBQQ__PricingMethod__c 選択リスト

この商品に適用される価格方式を選択します。

  • リスト: 標準価格表の価格設定。
  • コスト: コスト + マークアップの価格設定を使用します。
  • ブロック: 商品にブロック価格を設定している場合に使用します。 
  • 全体に対する割合: 価格設定が他の商品に基づく商品に使用します。  
 
価格方式の編集が可能 SBQQ__PricingMethodEditable__c チェックボックス この商品が見積に追加されると価格方式が変更される可能性があるかどうかを指定します。   
商品写真 ID SBQQ__ProductPictureID__c テキスト (18) この商品の写真を保持するドキュメントまたはコンテンツレコードの ID。    
数量を編集可能 SBQQ__QuantityEditable__c チェックボックス この商品の数量の変更を許可または禁止します。  
数量スケール  SBQQ__QuantityScale__c  数値 (1, 0) 数量項目で使用される小数位の桁数を指定します。    
更新商品  SBQQ__RenewalProduct__c  ルックアップ (商品) 更新時にこの商品を置き換える商品。更新時に異なる SKU の見積を作成する場合はこれを使用します。    
並び替え順  SBQQ__SortOrder__c  数値 (18,0) [商品ルックアップ] ページでの商品のデフォルトの並び替え順を決定します。この順序で商品が見積に追加されます。    
仕様  SBQQ__Specifications__c  リッチテキストエリア (32000) この商品の書式設定済みの仕様。見積テンプレートで仕様シートを生成するために使用されます。    
全体に対する割合の基準 (旧サブスクリプションベース) SBQQ__SubscriptionBase__c 選択リスト  動的サブスクリプションが、リスト価格、正価、定価、顧客商品価格のどれに基づいて計算されるかを決定します。   
全体に対する割合のカテゴリ (旧サブスクリプションベース) SBQQ__SubscriptionCategory__c  選択リスト 

全体に対する割合のサブスクリプションを特定の商品に限定する場合、これを使用します。たとえば、ハードウェアとソフトウェアというカテゴリを設定し、ソフトウェアメンテナンスをソフトウェア商品の割合の計算のみを行うように選択できます。

 
全体に対する割合の割合 (旧サブスクリプション (パーセント)) SBQQ__SubscriptionPercent__c  Percent(4,3)  このサブスクリプションの価格として使用する非サブスクリプション全体に対する割合。  
サブスクリプション価格設定  SBQQ__SubscriptionPricing__c  選択リスト このサブスクリプションに使用する価格設定の種類 ([なし][固定価格][全体に対する割合] のいずれか)。[なし] は、この商品がサブスクリプションではないことを意味します。   
全体に対する割合のサブスクリプション (旧「サブスクリプション対象」) SBQQ__SubscriptionTarget__c  ルックアップ (商品) メンテナンスでの計算対象商品を指定します。    
サブスクリプション期間  SBQQ__SubscriptionTerm__c  数値 (5, 0) このサブスクリプションの期間。商品がサブスクリプションの場合のみ適用されます。  
サブスクリプション種別 SBQQ__SubscriptionType__c 選択リスト  サブスクリプションの種別を選択します ([更新] または [1 回])。[更新可能] サブスクリプションは更新見積に移行されます。[1 回] のサブスクリプションは移行されません。    
課税対象 SBQQ__Taxable__c チェックボックス この商品が課税対象かどうかを示します。    
期間割引レベル SBQQ__TermDiscountLevel__c 選択リスト 期間割引の計算に使用するサブスクリプション期間レベルを指定します。デフォルトを示す場合は空白のままにします。    
期間割引率表 SBQQ__TermDiscountSchedule__c ルックアップ (割引率表) 期間割引の計算に使用するサブスクリプション期間レベルを指定します。デフォルトを示す場合は空白のままにします。    
アップグレードクレジット SBQQ__UpgradeCredit__c ルックアップ (商品) この商品へのアップグレードの見積を作成するときにクレジットを指定する場合は使用します。   
アップグレード元  SBQQ__UpgradeSource__c ルックアップ (商品) アップグレード対象商品。この項目に入力すると、この商品がアップグレードになります。    
アップグレード対象  SBQQ__UpgradeTarget__c ルックアップ (商品) アップグレード後の商品を指定します。アップグレード元項目への入力によってこの商品がアップグレードであることが示されている場合のみ適用されます。